Top > カードローンと金利

カードローンと金利

 カードローン専用のカードを選ぶとき、一番気になるのは利息じゃないでしょうか?

 たとえばクレジットカードの大手であるJCBカードに付帯したカードローンの金利は18%。これに対し、カードローン専用の場合だと、銀行の商品で5?15%程度。消費者金融だと、8~18%となっています。

 CMでは、アコムやプロミスなどの消費者金融の広告が目に付きますが、銀行と消費者金融とを比較すると、金利は銀行のほうが低い傾向にあります。審査自体、消費者金融の方が通りやすいと言う方もいますが、まずは銀行でカードローンの申込みをするのがメリットが大きそうです。大手銀行でも低金利なカードローンは取扱っていますが、住んでいる地域の地銀でも最近は低金利商品を扱っているので、どちらの銀行でもいいでしょう。また、商品を選ぶ中で、注目すべきなのは上限金利。

 カードローンの金利は○○~■■%と記載されているのが通常ですが、利用限度額が大きい人は下限金利に近い金利で決まりますが、50万円以下の利用限度額の場合、上限金利に近い金利で決定されます。

 利用限度額が高くなると、審査も厳しくなるので、一般的には50万円以下で決まるケースが多く、この場合、上限金利がカードローンの金利と言う場合がほとんどとなります。

 つまり、カードローンを選択する際、注目すべきは上限金利であり、この値が小さいほど、借り手側としては有利な条件で融資を受けられると言うことになります。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
住信SBIネット銀行のカードローンてどんな商品?(2013年10月29日)
カードローンと金利(2010年8月31日)
スプレッドが狭いFX会社(2009年4月30日)