Top > スプレッドが狭いFX会社

スプレッドが狭いFX会社

金融危機により世界経済が低迷する中、FXの世界ではスワップ金利で稼ぐことを目指す投資家が減っていきました。なぜなら、スワップ金利で得られる年間の利益よりも為替差益のほうがずっと大きいことが分かってきたからです。そもそも外貨投資で儲けるのは投資信託を取ってみても金利はあくまでもオマケ。主として狙っているのは為替差益なんです。だって、いくら金利が高いからといっても、1ドル=120円を超えているときに外貨預金をする人なんてほとんどいなかったでしょう。
今ならニュージーランドドルだって政策金利2.5%。しかも、今後さらに利下げする可能性もあるというのですから、高金利通貨としてのうまみもあまりありません。南アフリカランドやトルコリラならまだ9%を越えているので、面白いですが流動性が低いのがやはり怖いところです。

となると、これからFXを始める人は、どこのFX業者で取引するのがいいのか?

それは、為替差益を狙う以上、スプレッドが狭い会社です。

たとえば、新規に参入してきたEMCOM TRADEも面白いところ。ドル円のスプレッドは0.1pips?としていますが、実際は0.8?0.9pipsといったところ。それにしたって、スプレッドが1pips切っているのだから、やはり素晴らしい!!
FXするならEMCOM TRADEで決まりかも!?

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
カードローンと金利(2010年8月31日)
スプレッドが狭いFX会社(2009年4月30日)